後 継 者   募 集

 

お陰さまで2002年開業より約20年。

 

10年一昔を2回。

 

『感謝』の一言につきますm(__)m

 

この先の20年の為に『豚や』の後継者を募っております。

 

現在、多くのお客様に支えられ今日があります。今後もお店を継続し続ける事がお客様への恩

返しだと考えるようになりました。

 

私は不動産の営業職からの転職で『豚や』を開業しました。一冊500円の『うどんを打つ』という

本で独学。この本が私の師匠。全くの素人でした。

 

その素人が何をしたかったのか?  なぜうどん屋なのか?

 

営業職はとてもセンスがいる職業なんです。

一生懸命頑張っても成果が出ない人達を多く見てきました。

 

そこで、「一生懸命やれば食べていけるシステム」を構築したい。

これが開業の理由の一つです。

 

もともと飲食店の開業資金を稼ぐ為に不動産業界に入った経緯もあり、

飲食店でそのシステムを作りたかったんですね。

 

なぜ飲食店?

 

若き頃、自分にとっての「人間らしい生き方」とは・・・よく考えていました。

社会・会社からの縛りを最小限に・・・

それは「自給自足」・・・なのでは・・・

その延長線上に飲食店がありました。

 

なぜうどん屋?

 

前職が営業職ということもあり、色々な物を食べ歩く機会が多くありました。いくつか開業候補が

ある中、ある日 都下で食した肉汁うどん。黒っぽいうどんを熱々の汁に付けて食べる。衝撃。今

では食べることのできない私のルーツのうどんとの再会でした。当時都内のうどんの殆どが茹で

置きしてある、所謂のびたうどんでした。茹でたてコシのある黒っぽいうどん&熱々汁!一気にう

どん屋開業へのスイッチが入った瞬間でした。勿論ビジネスですので、原価率を考慮し小麦を選

んだのも理由の一つです。

 

ちなみに私のうどんのルーツはおばあちゃんの手打うどん。ふぞろいの黒っぽいうどんを具沢山

の熱々豚汁につけて食べるんです。黒っぽいうどん、そして熱々の汁が良かったんですね。美味

しかった~

 

豚やオープン当時約20年前、都内には今のようなスタイルのうどん屋は無く、また立地も悪いこ

とから、「ここは何をやっても続かないのよ」「まあ~もって2~3年だね」なんてよく囁かれてまし

た。更にオープンの半年後、四国から「はなまるうどん」が東京上陸。『硬いうどん』は受け入れら

れず、『ちゃんと茹でろ!』などとお叱りのお言葉も頂きながらのスタートでした。

 

あれから約20年…現在では肉汁うどんの認知度も上がり、一つのジャンルとして確立されてきた

ように思います。

 

「人は何でも経験しなければ解らない」というのが私のモットーです。

自分自身現場で20年経験したからこそ、この先の20年を語れるのではないかと思います。

 

これからの20年・・・

 

私には夢があります。

それは 豚やのうどんで 「社会貢献」 です。

 

具体的には「豚や」の のれん分けです。

豚やの20年の実績、ノウハウが、多くの方でなくてもいいのです。一人でもこのシステムで、

幸せを感じ、暮らしていける人が出来れば、これこそが「社会貢献」、私の開業の意味があると信

じております。

 

1例ですが、

昼だけの営業の場合(現在の豚やの数字です)

立地が悪い・カウンター9席の小さな店。

スタッフ2~3人

営業時間、昼の3時間弱で来客約60~70人

売上にして平均7万円

月に24日営業して168万円

粗利益75% 126万円になります。

 

初めからこんなお客様がいらして頂けないと思いますので25%減でシミュレーションしてみても

売上5.25万円

月に24日営業して126万円

粗利益約75% 94.5万円になります。

 

大儲けが出来る商売ではありませんが、十分普通に食べていける収入になると思います。

働き改革と言われている昨今、このシステムだとお昼の営業で成り立ちますので、夕方には帰宅

できます。真面目にコツコツ出来る方であれば、定年無く一生出来る仕事です。

 

この仕事は、業績第一主義・押し売り感が否めなかった営業職時代とは異なり、一生懸命真心

込めて作った一杯で勝負。お客様からの『美味しい』の言葉で全てが報われ、結果は後から付い

てきます。

 

以上のような夢を実現するためには、志を共有できる方が必要不可欠なのです。

 

共に豚やの将来につて熱く語れる素直な方のご応募お待ちしております。

 

待遇等詳細はお会いし、じっくりお話しさせて頂きたいと思っております。

 

性別、経歴は問いません。志望の方がいらっしゃいましたら、次の書類を郵送願います。

 

①履歴書

 

②職務経歴書

 

③志望動機(書式自由)

 

④質問・要望等

 

折り返し面談日時等ご連絡差し上げます。

 

郵送先

 

〒167-0043

東京都杉並区上荻4-19-23-1階 

有限会社大豊   東京うどん豚や   迄

 

豚やの将来を担える方との出会いを願っております。  店主

 
しばらくの間 土・日曜 のお昼は
 
13:30ラストオーダーになります
 
ご迷惑をおかけしますが
よろしくお願い致します 
 
営業確認掲示板】 
      
11月 15日(金)
 
・・・営  業
 
・・・営  業
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                   
 
 
             
      2002年 創業
     
 東京うどん  
 
〒167-0043
東京都杉並区上荻4-19-23
 青梅街道沿い 荻窪警察署前
TEL:03-6762-7665 
 
 
 
 
営業時間
 
AM11:30~PM2:30
          PM6:00~PM8:30
   
*閉店15分~30分前位にラストオーダー
    
状況により早くなる場合が
ございます 予めご了承下さい
 
 
 
定休日
 
火曜日・祝日
(月曜日は昼のみ営業)